車・中古車・買取に纏わる知識

A USED CAR

kuruma

車とは、「道路交通法」で定められている車両のことを表す。
車と言えば、一般的にはエンジンが搭載されている四輪の自動車を呼ぶことが多い。
自動車は様々な車両が存在し、車両道路交通法では以下のように分類されている。
・タイヤの数が三輪以上・・・大型自動車・中型自動車・普通自動車・大型特殊自動車・小型特殊自動車
・タイヤの数が二輪・・・大型自動二輪・普通自動二輪・普通自動二輪(小型)・原動機付自転車

上記が代表的な車両の種類である。また、上記以外にも車両の種類は存在する。
自転車や荷車など、一般的に道路交通法で定められていない認識を受ける車なども、道路交通法で定められている車両に該当する。

運転

unten

車を運転するには、その車両に対して適切な「運転免許」を取得する必要がある。
もし、運転免許を取得していない状態で公道を走行した場合、「無免許運転」として法的罰則を受けてしまう。
罰則の内容は、2013年12月16日現在は以下のようなものになっている。
・「3年以下の懲役、または50万円以下の罰金」
また、無免許の人間が運転する車をほう助した人間には、「2年以下の懲役、または30万円以下の罰金」といった罰則が命じられる。

ちなみに、2013年12月1日に罰則の内容は強化された。以前までの罰則内容は、「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」と定められていた。

普通自動車

利用頻度が高いとされる、一般的な普通自動車に搭乗する場合は「普通自動車第一種免許」の取得が必要になる。
車両総重量5,000キログラム未満、最大積載量が3,000キログラム未満、最大乗車定員数が10人といった規定が定められているのが、普通自動車である。


普通自動車第一種免許を取得する為には、主に2つの方法があり、以下のように分類される。
・自動車学校に通って教習を受ける。または、自動車学校が提供する、合宿免許での取得。
・自動車学校に通わず、運転免許試験場で実施されている教習試験に、自動車学校に通わず自力で合格する。
一般的には、前者の自動車学校に通って教習を受けての方法で、普通自動車第一種免許の取得を目指す方が多い。
後者の自動車学校に通わずに合格する方法は、過去に運転免許を取得していたが、交通違反により運転免許の失効を受けた方が多く見受けられる。

条件

普通自動車第一種免許は、必ずしも全ての人間が取得出来る訳では無い。
普通自動車第一種免許を取得することが出来る方は、以下の条件を満たしている方のみとなる。
・年齢が18歳以上。但し、自動車学校には17歳の段階から通うことができ、教習を受けることも出来る。免許の取得が、18歳以上からになる。
・視力が両眼で0.7以上、片眼で片方ずつが0.3以上である。裸眼の視力がこれに満たない場合、眼鏡とコンタクトレンズの使用も可能である。片目しか無い方の場合は「視力0.7以上で、尚且つ視野150゜以上」といった条件を満たす必要がある。
・信号機に用いられている、「赤・青・緑」の三原色の色彩をはっきりと認識することが出来る。
・日常会話などを聞き取れる、聴力がある。正確に言うと、10メートルの距離間で、90デシベルの音が聞こえる聴力を持ち合わせているか否か。

その他にも、運転するにあたって何らかの支障をきたす「病気」を所有している方の場合は、普通自動車第一種免許を取得することが出来ない。
また、交通違反の罰則により免許を失効している間も、普通自動第一種免許は取得出来ない。


ニュース

2013/10/15
中古車を更新しました
2013/10/15
影響を更新しました
2014/01/21
売却を更新しました
2014/02/03
下取りを更新しました